トップページ > エンタメの扉

エンタメの扉

休日に音楽、映画、読書など楽しんでいるインドア派のみなさん! 色々な作品をより深く楽しむため、各方面の専門家(=オーソリティー)によるオススメのアイテムやとっておきの情報を紹介しちゃいます!

魂太朗(ソウルタロウ)のすすめ

私が今回ご紹介するのは「魂太朗(ソウルタロウ)」さん。北海道出身で、現在は都内を中心に活動しているシンガーさんです。とても情熱的で、ときにコミカルなそのライブパフォーマンスは、多くのファンの心を捉えてやみません。かくいう私自身も15年ほど前からファンの一人なのです。共演したプロのミュージシャンも絶賛するという、そんな魂太朗さんにインタビューしてみました。

病気を経て気づいた健康の大切さ。ステージに立つことへの強い思い

魂太郎さん写真

香港好運(ホンコンラッキーズ)。
左から3人目が魂太朗さん

阿多

初めて出会ったのはおそらく2000年ごろだったと思います。今でも活動されているアカペラグループ「香港好運(ホンコンラッキーズ)」で、3曲くらいの短いステージだったかなと記憶しています。

魂太朗

香港好運は、気がつけば人生の半分もの時間を一緒に活動していますので、僕にとっては音楽人生の中心的な存在です。北海道から上京してきてアカペラがやりたいと思っていたときに、ライブ会場などで偶然出会ったメンバーで、よくここまで20年以上も続いてくれて、まさに運命であり奇跡の出会いに感謝しています。

阿多

ライブ中も常に全力ですよね。ご病気のときは大変だったのではないでしょうか。

魂太朗

サルモネラ菌が原因の病気に襲われ意識不明に陥り1カ月入院したことがありまして。後から聞かされたのですが、致死率が50%の重い病だったみたいです。自分自身も何かがあったらいつまでも歌い続けることができるかどうかはわからないので、この病気を境に、ライブは毎回「これが最後のライブかもしれない!」という強い気持ちで臨んでいます。

阿多

何か予防など、普段から気を付けていらっしゃることはありますか?

魂太朗

歌は体力勝負なので、平日のお昼休憩時に15分間だけでもランニングと筋トレを欠かさず行っています。午前中に嫌なことがあっても、走ることで午後からまたリフレッシュできるので、心身ともに健康になれると思っています。

食生活の面では、甘い物がすごく好きなので、デザートなどを食べ過ぎないように気をつけていますがつい食べちゃいます(笑)。でも必ず毎日体重計に乗って、食べ過ぎた分、明日は控えるという自己管理を行っています。

人に喜んでもらえる仕事は、きっと楽しいことなんだなって

魂太朗

自分でライブを観に行くのも大好きなんですが、特に東京は素晴らしいライブにたくさん出会えるので、よく1人で感動して号泣したりしています(笑)。きっと心の健康には良いのではないかと思いますね。それと自分のライブのときに思うんですけど、お客様が来ていただけるだけでもうれしいのに、楽しんでもらえている姿がステージから見えたときは、こちらの方が感動してウルウルしてしまいます(笑)。本当に皆さんに感謝感謝で、心から「ありがとう」って思っています。

阿多

たっぷりとお話を伺えてうれしいです。最後に読者へ向けてメッセージを。

魂太朗

色々な夢を持ちながらも並行して別の仕事をされている方々も大勢おられると思います。そんな仕事でも、実はたくさんの方々に喜んでもらえるような仕事であるならば、それも凄く楽しい事なんだなと思っています。音楽をやることではなく、皆さんに喜んでもらえるようなことがしたい。これが本当の僕の夢なんじゃないのかなと最近は思い始めています。

阿多

今日は本当にありがとうございました。「人の喜ぶ顔が見たい」。これは皆さんのお仕事にも通ずるところがあるのではないでしょうか。

魂太朗(ソウルタロウ)Twitter

@soultaro

LIVE告知!

アカペラ香港好運年末恒例スペシャルワンマンLIVE 2015
安心してください、魂叫びますよ

日程:2015年12月31日(木)

時間:開場11:30/開演12:00

会場:ROCK JOINT GB (JR中央線吉祥寺北口)

http://www.rock-gb.com/

料金:
[前売]3000yen+1drink(600yen)
[当日]3500yen+1drink(600yen)
お申し込みは、 takebonne@gmail.comまで。

オーサー阿多さん写真

Profile 阿多明彦(あた あきひこ)

プロデューサー。宮崎県出身。東京都内を中心に様々なプロデュースを行う。スティーヴ ィー・ワンダーの楽曲を様々なミュージシャンがパフォーマンスするトリビュートイベン ト「wonderlove live」は2003年から継続開催。

イベントサイトURL:http://so.wonderful.to/wonder/