トップページ > エンタメの扉

エンタメの扉

休日に音楽、映画、読書など楽しんでいるインドア派のみなさん! 色々な作品をより深く楽しむため、各方面の専門家(=オーソリティー)によるオススメのアイテムやとっておきの情報を紹介しちゃいます!

RUSTICOのすすめ

今回は、とあるきっかけで知り合った女性2人組の音楽ユニット「RUSTICO(ラスティコ)」のすすめです。普段は栃木県にいるというお2人ですが、最近たびたび東京でもライブをするようになりました。仕事を持ちながら音楽活動を続けるそんな彼女たち、makiさん&macoさんに取材させていただきました。

RUSTICO写真

普段のお仕事はどんなことをされてますか?

maki:障害者支援施設で働いています。
maco:介護老人保健施設で言語聴覚士というリハビリテーションのお仕事をしています。

音楽活動を始めたきっかけを教えてください。

maco:10年ぶりに再会した場所は、実は100円ショップだったんです(笑)。最初に気づいたのは私の方で、たぶん第一声は 「“まきぼん”だよね?」 だったかと(笑)。中学校のころのニックネームで、今も“まきぼん”と呼んでいます。
その再会をきっかけに、同じゴスペルグループで歌ったりして、プライベートでもよく会ったりするようになっていきました。ある時、フリーマーケットで2人で歌う機会があって、ギターや太鼓を使って歌いました。それがとても楽しくて、その日のうちに「RUSTICO」を結成してしまいました。

最近の演奏はどんなところで?

maco:フリーマーケットやカフェなど、さまざまな場所で歌っています。母乳育児講演会でのコンサートや、老人ホームでのボランティア活動もやらせていただいています。
母乳育児講演会では観客が親子たちです。よちよち歩きの赤ちゃんが私たちの目の前まで来て、手を叩いたり体を動かしながら聴いてくれたのがとてもうれしかったです。老人ホームでの演奏では、持ち歌だけでなく『上を向いて歩こう』や『北国の春』など皆さんが知っている曲を歌いました。口ずさんでくれる方が多くいたので、一緒に楽しむことができました。

楽しいと思うときは、どんなときですか?

maco:曲をイメージ通りに作ることができたときや、RUSTICOの世界観をみんなに感じてもらい、楽しんでもらえたときが一番幸せです。

仕事をしながらの音楽活動ということについて、何か感じることはありますか?

maco:仕事終わりにリハーサルをすることが多いのですが、疲れている時はモチベーションも上がりにくかったり… 音楽に対して義務感を感じてしまうこともあります。そんなときは無理して練習をせず、ほどほどにやるんです(笑)。音楽について話したり、仕事での出来事を話したり。そういうゆとりの時間も大切だと思っています。
maki:基本的に2人とも平日出勤、週末休みなので、リハは平日夜にやって、週末に演奏ということが多いです。苦労というよりも、本当にいい息抜きになっていて音楽にパワーをもらっています。福祉の仕事は決して楽ではなく日々大変なこともありますが、私生活が充実しているからこそ仕事もキラキラ笑顔で取り組めるのだと思います。休み時間はしょっちゅう音楽好きの利用者さんたちと歌ったりもしてますよ。
maco:仕事と音楽活動を切り離さず、活かせることは活かしていこうと考えています。例えば、ギターを職場へ持っていきリハビリの中で利用者さんと歌ったり。「公」と「私」を切り離さず、逆につながる部分を見つけることで、ライフワークバランスを保っているんじゃないかなと思っています。

今後お仕事や音楽活動で目標や気をつけていきたいことなどはありますか?

maco:音楽は楽しい!これからも楽しんでいきたい!という気持ちを持ち続けて活動していきたいと思っています。またこれからも屋内外、老若男女を問わず、色んな人に楽しんでもらえるグループでありたいです。

最後に、音楽活動をしていてよかった!と思えることがあったら教えてください。

maco:よかった!と思う瞬間はたくさんあるのですが、その中でも特に、音楽を通して人との出会いがあることです。アーティストとの出会いであれば、そこにまた新たな音が生まれる。その新たな音で、新たな可能性が生まれる。新たな出会いにより、RUSTICOとして、また人としてこれからも成長していきたいです。

RUSTICO(ラスティコ)プロフィール

中学生時代同級生だったという2人による音楽ユニット。ギター、バイオリン、グロッケン、パーカッションなどさまざまな楽器の音色に重なる2人のヴォーカルは、優しくそして懐かしく空間を包んでいく。牧歌的でもありながら、その先に異国の情緒も感じられる不思議な感覚が魅力。現在は栃木県内をメインに活動。

Facebook
https://m.facebook.com/rustico.tochigi

Live情報

8月9日(土) Everyone's a Critic Vol.3

場所:Gamuso Chroma

住所:東京都杉並区阿佐谷北2丁目12−5(最寄駅JR中央線「阿佐ヶ谷」)

開場:19:00~

※詳細は下記facebookページでご確認ください
https://www.facebook.com/events/259762294219078/

オーサー阿多さん写真

Profile 阿多明彦(あた あきひこ)

プロデューサー。宮崎県出身。東京都内を中心に様々なプロデュースを行う。スティーヴ ィー・ワンダーの楽曲を様々なミュージシャンがパフォーマンスするトリビュートイベン ト「wonderlove live」は2003年から継続開催。今年十周年を迎える。

イベントサイトURL:http://so.wonderful.to/wonder/