トップページ > 第11回特集:外国人介護士の受け入れで現場はどう変わる? ―国別で見る傾向そして今後の展望編 Part1

第11回特集:外国人介護士の受け入れで現場はどう変わる? ―国別で見る傾向そして今後の展望 Part1

外国人介護士の受け入れで現場はどう変わる?

EPA(経済連携協定)による外国人介護士受け入れについての概要を前号でお届けしましたが、今回は彼ら出身国の内情や文化の相互理解など、同じ現場で働くうえで重要となるポイントをまとめてみました。また後半では約10年にわたりフィリピン人介護士の育成に努めてきた平出友久さんに今後の外国人介護士の動向についてお話を聞いてみました。

ベトナム・インドネシア・フィリピンの文化に触れる

現在EPAによる外国人介護士の受け入れ元の国は上記3ヵ国となっています。旅行で訪れたことがあるという人は多いとは思いますが、ここでは改めて各国の内情や文化をご紹介します。

ベトナム国旗 ベトナム VIETNAM

基本情報 Basic Information

正式名称:ベトナム社会主義共和国  首都:ハノイ
人口:9170万人  言語:ベトナム語  民族:キン族ほか少数民族
宗教:仏教、キリスト教(カトリック)、カオダイ教ほか

文化・流行 Culture&Fashion
“東洋のパリ“と呼ばれる、フランス文化が色濃く残る国

かつてフランス植民地だったこともあり、建築物や店で売られている雑貨などにどこかフレンチの色合いを強く感じることができる。それでありながら中華系独特のカラフルな色使いも特徴で、伝統的でありながらどこか個性的な香りを感じられるでしょう。

また女性のファッションを見ていると、カワイイよりも綺麗さとセクシーさを重視する傾向にあります。ボディラインがわかるようなロングドレスを着た女性が多いことからその傾向が伺えます。

店頭の写真

鮮やかな色使いの陶器たちが店頭に並ぶ。

伝統衣装「アオザイ」をまとった女性たち

セクシーなベトナムの伝統衣装「アオザイ」をまとった女性たち。

恋愛事情 Love
結婚を強く意識したお付き合いをする傾向に

欧米や日本のように「好きだから一緒にいる」というよりは、始めから結婚を意識した交際を重視する傾向にあります。またこのような保守的な考え方からか、デート費用は男性が出すというのが一般的で、男性側は常に経済力が試されていると言えるでしょう。

グルメ Food
元祖フォーの味。北部ハノイ派か南部ホーチミン派か?

南部流のフォー

最もポピュラーな南部流のフォー。

ベトナムの食べ物と言えばまず思いつくのがフォー。スープに入った米製の平打ち麺で、ベトナムの国民的フードです。

甘みのあるスープにパクチーなどの香辛料をたっぷり入れた、いわゆる一般的な南部(ホーチミン)流と、具や薬味をほとんど入れない元祖北部(ハノイ)流に大別できる。地域によりそのスタイルが違うのは日本のラーメンと同様。

歴史背景 History
長年にわたるフランス植民地からの脱却。そして南北断裂へ

ホー・チ・ミン

ベトナムの英雄ホー・チ・ミン。南部の大都市「ホーチミン」も彼の名が由来となっている。

19世紀中ごろからフランス植民地時代が続いていましたが、第二次世界大戦後に独立運動が起こりました。その独立運動を主導したホー・チ・ミンは国民の間で英雄と語り継がれる存在です。また大戦中、日本が進駐したことも忘れてはいけない事実です。

しかし終戦と同時に、アメリカがベトナム南部に介入するようになります。これを「資本主義への傾倒」と恐れたのはホー・チ・ミンでした。その後ホーらは統一国家形成のため南部に解放を要求していきます。これが同国の南北分裂、そしてベトナム戦争へと発展していきます。

1975年にアメリカがベトナム南部から撤退したこともあり、戦争は北ベトナムの勝利で終わります。その後南北統一、北部が掲げていた社会主義国家となりました。日本では戦争を経験している世代が少なくなりつつありますが、ベトナムでは多くのシニア世代が戦争を経験していることになります。

ベトナム人の傾向は…

EPAによるベトナム人受け入れの場合、来日前に12カ月におよぶ日本語研修を受けているため、言葉の壁が他の2国より低い傾向にあります。また独立心が強く、人に頼らず自分でやり遂げようとする強い意志が見られ、仕事における試行錯誤する姿勢も見受けられます。

またベトナムでは「テト」と呼ばれる旧正月(1月末~2月頭にかけての約1週間)があり、ベトナム人はこの旧正月の休暇を重視する傾向にあります。同じベトナム人同士で集まったり、母国から家族が来日することも考えられます。さすがに全日休みを与えるのはやり過ぎかもしれませんが、シフトを組むうえで少しは意識しておいたほうがいいかもしれません。

インドネシア国旗 インドネシア Republic of INDONESIA

基本情報 Basic Information

正式名称:インドネシア共和国  首都:ジャカルタ
人口:2億4700万人  言語:インドネシア語  民族:マレー系ほか少数民族
宗教:イスラム教、ほかキリスト教、ヒンズー教、仏教など少数派

文化・流行 Culture&Fashion
自然と歴史を満喫できる国土。日本の大衆文化も多く流入

いくつもの島々から成り立つインドネシアの国土は日本の約5倍。緑と海に囲まれた自然豊かな国です。日本人にもおなじみのリゾート地として有名なバリ島、遺跡が多く残るジャワ島など自然と文化・歴史の変遷を満喫できる国でもあります。また首都ジャカルタから車で3時間ほどで行けるバンドゥンという高原都市は人気保養地となっています。

また日本の大衆文化もインドネシア人には多く受け入れられています。伝統芸能はもちろんのこと、近年はサブカルチャーも多く進出しアニメや特撮なども日本とインドネシアの会社で合同制作されています。日本の国民的アイドルAKB48の姉妹ユニット「JKT48」の結成も話題になりました。

バンドゥンの写真

自然豊かなバンドゥンは国民の間でも大人気の癒しスポット。

JKT48

JKT48のメンバー。AKB48の楽曲をインドネシア語に翻訳して歌っている。

恋愛事情 Love
肉食系男子多数。男尊女卑の意識が浸透している!?

インドネシア人男性の多くはチャラ男というかよく女性に声をかけるクセがあります。日本人女性でもバリボーイにナンパされた! という経験をお持ちの方もいることでしょう。インドネシアは大半がイスラム教であること、また法律で一夫多妻制が許されており、社会的に男性優位である側面が見えます。同時に厳格なイスラム教徒でありながら、古くから伝わるジャワ島人の「自己の欲求に率直であれ」という思想もどこか色濃く残っており、交際や性に対してはオープンな国と言えます。

歴史背景 History
人種・民族・宗教が複雑に入り混じるがゆえの悲劇

17世紀初頭よりオランダの進出が始まり、その後統治下に置くようになりました。また第二次世界大戦中、ベトナムと同様日本が進駐していた時期もありました。1945年にスカルノが初代大統領に就任すると、独立を宣言し宗主国のオランダと開戦。1949年にオランダが独立を認めました。なおスカルノには4人の妻がいましたが、日本でタレント活動をしているデヴィ夫人はその1人です。

2002年にバリ島で大規模な爆発テロがあり、202名の命が犠牲になりました。犯行声明はありませんでしたが、その後イスラム過激派のメンバーが逮捕されました。また去年「ミス・ワールド」の最終選考がバリ島で行われましたが、保守的なイスラム教団体からの反対や脅迫などが絶えなかったようです。男尊女卑、西洋文化への嫌悪など極めて保守的なイスラム教思想が引き金となった事件が増えつつあることは心配です。

テロ慰霊碑

犠牲者の名前が刻まれたテロ慰霊碑。

スカルノ大統領

独立運動を指揮したスカルノ大統領。

インドネシア人の傾向は…

インドネシア人を受け入れるについて一番注意しなければいけないのは、彼女たちの多くがイスラム教徒だということです。断食(ラマダン)を実践している人は多くいますし、食事でも豚肉は絶対NGということは気を付けておきましょう。

介護福祉士国家試験の合格率が50%前後というのも見逃せないポイントです。日本人でも合格率が60%程度だということを考えると非常に努力家であることがわかります。

また宗教上の考え方のせいか、従順な性格の女性が多いです。しかし反面、応用力がないというか言われたことしかやらない傾向も見られます。

フィリピン国旗 フィリピン Republic of the PHILIPPINES

基本情報 Basic Information

正式名称:フィリピン共和国  首都:マニラ
人口:9401万人  言語:フィリピン語、英語
民族:マレー系ほか中国系、スペイン系  宗教:キリスト教

文化・流行 Culture&Fashion
キリスト教文化の流れを汲み、近代的かつ中世の風情も感じられる都市を形成

約7100もの島々から成り立つフィリピン。首都マニラのあるルソン島はスペイン・アメリカ統治時代のバロック調の建物が林立し西洋文化を強く感じられます。そしてアジア屈指のリゾート地である有名なセブ島。離島が多いことからダイビングの穴場スポットとしても高い人気を誇ります。またセブ島の少し南にあるボホール島には、約1000もの小山が連なる「チョコレートヒル」があり世界遺産に登録されています。東南アジアで唯一のキリスト教圏でもあります。

サンアグスチン教会

スペイン植民地時代に建てられたサンアグスチン教会。

ボホール

40m級の小さな山々が連なるチョコレートヒル。

グルメ Food
日本人にもおなじみのあのデザートも…

西洋文化を取り入れた料理が主流でありながら、新鮮な魚介類や南国ならではのフルーツなどをふんだんに使った豊富なラインナップが特徴です。

一方で伝統的な料理の代表格が「レチョン」と呼ばれる子豚の丸焼き。フィリピン人にとって結婚式など祝い事のときにしか食べられないごちそうです。また日本人にもおなじみのデザートで、かき氷に果物やゼリー、タピオカ、ココナツなどをトッピングした「ハロハロ」もフィリピン発祥。語源はタガログ語で「混ぜこぜ」という意味。

レチョン

豚の丸焼きレチョン。観光客向けに提供してくれるレストランもある。

ハロハロ

写真はフィリピンで有名なファストフード店「Chow King」のハロハロ。

歴史背景 History
スペイン、アメリカによる統治。マルコス政権からの解放

マルコス元大統領

マルコス元大統領。1989年、亡命先のハワイで家族に看取られながらこの世を去った。

フィリピンのスペインによる統治は、大航海時代だった16世紀にまで遡ります。「フィリピン」という名称は、スペイン皇太子だったフェリペ2世の名前が由来となっています。その後1898年に起きた米西戦争に敗れたスペインに代わりアメリカによる統治が始まります。真の独立国家となったのはインドネシアと同様第二次世界大戦後になります。

1965年に大統領に就任したフェルディナンド・マルコスは再選を重ねるたびに強硬政治を貫くようになり、彼による独裁政治は20年にわたり続きました。1986年、真の民主化を求め立候補したコラソン・アキノとの大統領選の結果はマルコスが再選を果たしましたが、マルコス側による不正が明らかとなり多くの国民が選挙結果に反発。その後アキノが大統領就任を宣言し、完全に求心力を失ったマルコスはハワイへ亡命しました。この選挙の様子は日本でも連日報道され多くの国民の関心を引きました。

フィリピン人の傾向は…

実際にフィリピン人を雇用した事業者の話を聞くと、スキルも高いがプライドも高いという答えが多く返ってきました。こちら側の説明に対し多少わからないことがあっても「はい」と答えてしまう傾向があるため、指導者は注意しなければいけないところです。

アンケートの結果を見ると利用者から常に高評価を得ていることもわかりました。とにかく優しく真摯に接するため施設では人気者です。フィリピンでは“お年寄りは敬うべき存在”という考えが徹底されており、お年寄りを大事にする国民性がそのまま仕事に表れているのです。

→Part2へ