トップページ > 第2回特集 ピラティスで腰痛対策 part2

第2回特集:ピラティスで腰痛対策part2

腰痛いつ治すの?今でしょ!

介護の現場では職業病とも言える腰痛。現代人の多くが抱えるこの症状に効くピラティスの効能を紹介します。日本でも話題のピラティスですが、今回は自宅でもできるカンタンなエクササイズばかりを集めたので、腰痛が気になる人も予防したい人もぜひ今日から取り組んでみましょう。

Lesson5.お尻のストレッチ

写真1
写真2

座った状態でもできるので試してみよう

片方の膝を立て、脚を組むようにする。股の下から腕を通し、両手で膝を抱え込むように引っ張る。また座った状態でも、両足を押さえつけるように前かがみになれば同じ効果を得られる。

Lesson6.腰のストレッチ

写真1

片足を伸ばし、伸ばした方と同じ手で足先をつかむ(足の親指側から足の裏をつかむ形が理想的)。そのままもう片方の手を使い、水泳のクロールの形でゆっくりと足先で両手を重ねるように上体を倒していく。ポイントは体を開いて片側の腰の伸びが感じられるようにすること。

女性必見! 二の腕を細く、肩こりにも効く一石二鳥のエクササイズ

写真1

手の向き、膝の角度、首から肩の位置に気をつけましょう。

写真のように、いす(またはその位の高さのもの)を使います。まず、手を座面の角に。手の向きは指を前にし、進行方向に向けます。(注:横ではありません!)お尻を座面から外し、前に。足は膝角90度位を保ちます。そして、首から肩にかけては上げないように、通常時の位置をkeep。そのまま腕を曲げて腰を落とします。背筋も伸ばした状態で。そして腕を伸ばしてもう一度最初の体勢に戻します。このアップダウンの動きを15回程度行います。余裕があれば2セット。

なお男性の場合などはより負荷の高い体勢になる、床の上でもOKです。この場合も手の方向や膝の角度、首から肩の位置は同じです。

比較的短時間で効果が期待出来ますよ!

Column

ゆったりめの洋服で腰痛緩和

タイトな洋服は体を締め付ける部分が強いため筋肉の緊張を招きやすい。体に異変を感じたときはなるべくゆったりとしたサイズの洋服を選びたい。日ごろ着慣れない服装であるならば、せめて部屋着くらいはゆったりとしたものを選ぼう。

大泉麻奈さん

ピラティスを終えて…

「1時間程度のエクササイズでしたが、結構ハードで体が鍛えられているという実感がしました。特に腰を垂直に立たせるのが難しく、私って意外と体が硬かったんだなあと痛感しました(笑)。これから本格的に腰痛と向き合う日々が続くと思います。今日教わったことを休みの日や空いた時間を使って実践し、腰痛予防をしていきたいと思います(大泉さん)」

講師からメッセージ

「もともとピラティスは負傷者のリハビリをルーツとしているので、すべてのメソッドは安全を考慮されており、どんな人でも無理なく取り組むことができます。決して難しいことではないので興味がある方はぜひトライしてほしいです(平島さん)」

「腰痛は肉体労働だけでなく長時間のデスクワークなどでも起こり得る、まさに“現代病”とも言える問題だと思います。日ごろから立つ姿勢や呼吸を意識してみてください。それだけでも十分立派な腰痛改善のエクササイズになるはずですよ(高橋さん)」

腰痛対策 まとめ

・脊椎の一つ一つを動かし間隔を空け、背骨の一定の場所に負荷がかかることを避けることで、椎間板への負担が少なくなる。

・背中、腰の筋肉を強化することで正しい姿勢を保ちやすくなる。

・腹筋は呼吸方法で鍛えられる。日ごろから呼吸を意識した生活を心がける。

・体を動かすこと、鍛えることを楽しむ。ストレスフリーで心身ともに健全な体づくりが腰痛予防の一番の近道。

※ご紹介したエクササイズの効果は個人によって差があり、必ずしも腰痛の治癒を約束するものではありません。万が一上記エクササイズで体に痛みや異変を感じた場合は医師の診断を受けるようにしてください。

Pilates Studio Rebirth

今回のお店

平島さんと高橋さんが講師を務めるピラティススタジオ。専用器具も完備しており、より本格的なレッスンを受けることができます。ご予約・お問い合わせはホームページまたはメールで随時受け付けています。

●Pilates Studio Rebirth(ピラティススタジオ・リバース)

〒150-0011
東京都渋谷区東2-24-6 サワトビル3F
TEL:03-6805-0715
MAIL:pilates@studiorebirth.com
ホームページ: http://www.studiorebirth.com/
Facebookページ: http://www.facebook.com/PilatesStudioRebirth

取材・文/大西啓介 柴田大輔 新海大 撮影/柴田大輔

←Part1に戻る