トップページ > 押さえておきたい現場の常識 第2回

押さえておきたい現場の常識

ここは高齢者施設「フレンドハウス」。元気だけが取り柄の新人ワカコちゃんは毎日が失敗の繰り返し…… それでも先輩職員マツオカさんの教えを受けながら日々研さんを重ねていきます。ついうっかり忘れがちな、介護の現場におけるさまざまな仕組みや法令などをワカコちゃんと一緒におさらいしていきましょう。

第2回 介護福祉士への登竜門「実務者研修」

マツオカさん、ニュースで見たんですけど、介護福祉士の資格取得が難しくなったんですって?

う~ん、難しくなったというよりは、これまで必須条件だった実務経験に加え、新たに実務者研修の修了が義務化されることになったんだ。

えー、それってどういうことですか? “研修”って何をやるんですか?

実務者研修ではおもに今まで医師か看護師にしか認められなかった医療行為の一部を学ぶんだ。① 学科と実技合わせて約6カ月450時間の研修になるから心してかからないとね。

ええっ!? そんなに長い期間やるんですか? だったらワタシこのままでいいかな……

コラコラ、せっかくこの世界に入ったのだから上を目指さなきゃ。言い忘れたけど450時間はあくまで無資格の場合。今持っている資格やスキルに応じて免除される項目もあるから②ワカコちゃんの場合そこまで時間はかからないよ。また研修を修了すると介護福祉士試験のときの実技も免除になるしね

そうですね。何事も前向きにガンバらないと! ということで今から帰ってしっかり勉強します。それではお疲れ様でした~

はいお疲れ様… ってキミ、今日掃除当番じゃないか、ちゃんと掃除してから帰れー!

解説

①実務者研修とカリキュラム内容

平成27年度の介護福祉士国家試験から、受験資格として現場での実務経験3年に加え、この実務者研修が必須となります。研修は専門学校や通信講座などで受講することができ、介護過程や生活支援技術、認知症の理解などを学ぶ学科と、たん吸引や胃ろうなどの経管栄養処置といった従来医師か看護師にしか認められなかった医療行為の一部を習う実技に分かれます。またこれに合わせ、筆記試験の設問も「医療的ケア」の領域からの出題が増えることになりました。

もともと実務者研修は平成24年度に導入される予定でしたが医療行為にかかわるカリキュラムの見直しが求められたため先送りとなり、さらに今年に入り自民党厚生労働部会の方針により再度先送りされることになり、結局平成27年度スタートとなりました。この一連の動きは介護職員の質の向上を目的としたものですが、受験資格のハードルが上がったことにより「介護福祉士を目指す人が減る」「人材確保に逆行する」などの指摘も受けています。

②研修時間の差異

研修時間については450時間と定められていますが、受講者の資格取得状況に応じて免除される学習内容もあります。

必須となる研修時間
介護職員基礎研修取得者 50時間
ヘルパー1級取得者 95時間
ヘルパー2級取得者 320時間
無資格者 450時間

このうち実技を含めたスクーリング(通学)に関しては、6時間の研修×10日間が目安となります。介護職員基礎研修取得者は医療的ケアの実技のみとなるのでわずか2日間の通学のみで済みます。

監修/リブアップワーカー編集部 キャラクターデザイン/Yocico Momose

キャラクター

ワカコちゃん

●ワカコちゃん

大好きだった祖母の死をきっかけに介護の世界に入ることを決意。まだまだ未熟だけど元気で明るくいつもみんなの人気者。趣味はお菓子づくりと昼寝と愛犬トイ・プードル「キクエ」の散歩。祖母と同じ名前を犬に付けたため家族からは大ヒンシュクを買っている。

マツオカさん

●マツオカさん

「フレンドハウス」のケアマネージャー。ワカコちゃん直属の上司で、福祉に関する法律を熟知しており周囲からの信頼も厚い。趣味はスキーとバンド演奏(キーボード)。仕事熱心だが、毎年サザンの年越しライブに行くため大みそかの勤務は頑なに拒んでいるとか。